環境への取り組み

GPSでエコドライブ


AdBlue導入の取り組み

AdBlue弊社は新長期排出ガス規制などに対応するため、ディーゼル車の窒素酸化物(NOx)を低減させるため、低減技術のひとつである「尿素SCRシステム」を導入いたしました。

AdBlueとは。
AdBlueは、尿素SCRシステム搭載したディーゼルエンジン車にて使用され、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)を低減する「高品位尿素水」です。

AdBlueは、純水に高純度の工業用尿素を溶かして製造する無色・透明の32.5%尿素水溶液です。
無害で安全な製品ですので、取扱いに資格は必要ありません。
AdBlueは、ディーゼル車に取り付けられた触媒内部にて排出ガスに対して噴霧され、大気汚染の原因とされている窒素酸化物を窒素と水に分解します。
一説には、「アドブルー”AdBlue”」と言う名前の由来は、「先進」を意味する”Advanced”と「青空」をイメージさせる”Blue”の英単語2つを組み合わせたものであると言われています。

詳しくは三井物産AdBlueパンフレットPDFをご覧下さい。

Return Top