品質への取り組み

生乳トレーサビリティ品質への取り組み

生乳トレーサビリティ・システム
弊社では、生乳トレーサビリティ・システムを構築することで、運搬業務の中で生乳の品質管理を徹底し、その責任を担っています。特に広域化している生乳流通にあって、乳業者別に的確な配乳管理を行うことは、荷主企業様の販売営業にあたっても重要なことと考えています。

生乳トレーサビリティシステムのページはこちら

ISO9001の取得

弊社では、荷主企業様に対する信頼と顧客満足度向上を目指して、品質管理の国際規格ISO9001を取得しました。
対象は本社、伊達営業所、工事部における一般貨物、生乳、乳製品、冷凍・冷蔵食品の輸配送 ; 重機・機械輸送 ; 骨材・乙材・土砂及び農産物の運搬並びに産業廃棄物の収集運搬に関する輸送サービス及び土木建築構造物の施工に適用する。
品質方針として、顧客ニーズに基づいたサービスり提供、物流効率化の確立、PDCAサイクルの確立を掲げています。

財団法人日本適合性認定協会JAB

財団法人日本適合性認定協会ホームページ
日本海事検定キューエイ株式会社 NKKKQA ホームページ

人々が快適な社会生活を営むためには、なんらかの共通な取決めが必要です。
組織体が町や村から大きな都市、国家規模となり、さらには経済のグロ-バル化、ボ-ダレス化が進む現在の世界においては普遍的な共通の取決めが必要不可欠となるのです。その活動が「標準化」であり、具体的に言えば規格の制定ということになります。
「規格」とはもともと度量衡を意味しました。つまり、重さや長さなどの単位を統一することでモノ作りを効率的にする概念です。規格というと(例えばネジの)形状・寸法のような「物」を連想しがちですが、近年はもっと広い領域で規格の概念をとらえています。一例として、ISO 9000、ISO 14001といわれるマネジメントシステム規格のように、規格の概念を単なる「物」ではなく「組織」そのものに広げて使用することもあります。
これら規格の制定により、作り手(= 組織)はより広い市場に、品質の安定した製品・サービスの提供が可能となり、受け手(= 消費者等)は品質の安定した製品・サービスを受けることができます。

Return Top